header

火災保険とは

家族

住宅ローンを組んだとき、銀行から火災保険を勧められ、あまりよくわからないまま強制的に入らされる人も多いと思います。 火災保険とは、その名前のとおり住宅やその中の家財が火災になったときに その価値に見合った金額が保証されるものです。

火災保険には、住宅用と事業用の2種類あり、 住宅用の建物なら建物に、家財道具があれば家財道具に、 事業用の場合は、お店や什器や商品にというようにそれぞれ別にかけていきます。 どちらかまたは両方かけることもできます。

借家の場合でも、建物は大家さんが、部屋のなかの家財については自分で火災保険をかけることもできます。
マンションの場合も同様に、共有部分は管理組合が、自分の専有部分については、自分で火災保険をかけることができます。

保証対象の原因としては、 火災以外に、地震以外の自然災害、たとえば建物に雷が落ちた場合や台風で屋根が飛んだ場合、水害で床上浸水をした場合などがあります。 ほかには、排水パイプがつまり水浸しになったとか、空から物が落ちてきて建物が傷がついたとか、いろいろありますが、 保険の商品により微妙に変わります。

保険料は、住宅用と事業用の用途や 建物の使用目的や構造、火災保険の対象原因により変わります。 また、火災保険の契約年数でも変わっていきます、一般的には契約年数が長くなれば割安になるようです。

一口に火災保険といっても、多種多様の商品があります。 保証範囲を広げてしまうと、支払い金額が高くなる可能性もあります。 何が必要で何が必要で無いか、よく考えて契約していきましょう。

もし急にお金が必要になったときには銀行や消費者金融のカードローンが便利です。即日融資してもらえて家族や会社に知られず借りれるので安心ですよ。今すぐお金を借りるためにもしっかりと消費者金融のカードローンについて学んでおきましょう。キャッシングの基礎知識や審査の情報、どの金融サービスが利用価値が高いのかを分析することで低金利でかつ安心してカードローンサービスを利用することが出来ます。全国の金融業者のサービスの比較が知りたいという方は一度キャッシングHackSを読むと勉強になると思います。参考までにどうぞ。

↑ ページの上部へ