header

賃貸でも火災保険に入るの?

火災保険は建物や家財にかける保険です。
賃貸でもそれは変わりません。 特に賃貸の場合の火災保険には、家財をまもるだけで無く、オーナーに対しての原状回復義務、個人賠償補償の目的があります。

まず家財をまもるということについて 建物については、その建物を持っているオーナーが入りますが、 賃貸の場合は、賃借人の家財が火災保険の対象になります。

火災保険は自分のものは自分でまもるという考え方があり、 入っておかないと、たとえ隣家からの火災であっても、保険の対象にはなりません。

家財についての補償額は、賃借人がそれぞれ決めていきます。 広さや年齢により、火災保険会社各社が参考資料をもっていますので、 それを参考にしながら決めていった方がわかりやすいと思います。 ただし一定金額以上の貴金属などは、契約時に申告が必要になる場合もあります。

借家や賃貸の場合は、転居する場合には、原状回復義務があります。 万が一火災にあった場合は、現状を回復させることができなくなります。 火災保険の中の借家人賠償補償は、その現状を回復させる手伝いをするものです。

個人賠償補償は、たとえば水漏れをさせて、下の階を水浸しにさせたとか ベランダから物を落として通行人にけがをさせたとかの場合に補償するものです。

保険会社によりその内容はかわります。 内容をチェックして、上の3点がセットになるような保険を選ぶ方がいいと思います。

契約時に不動産屋さんでも 火災保険は入れますが、内容のチェックは必要です。 暮らし方や家財道具は人それぞれなので、補償が変われば、金額が変わりますので 不動産屋にいわれるままだと、ご自身にぴったりのものではない場合もあります。

引っ越ししたら必ず解約していき、返戻金を戻してもらうことも必要です。

↑ ページの上部へ