header

補償の範囲は火災だけじゃない

火災保険は、その名前の通り建物や家財が火災を被った場合に 補償されるものですが、それだけでは有りません。どんなものが補償の対象になるのか、ここで書いていきます。

まず、火災です。火災保険の火災の意味は、火の火力で自力でもえひろがっていくものを指します。

火災

たばこで畳を焦がした場合は、これにあたりません。 そこから何かに引火して、燃え広がった場合には火災保険の対象になります。 一般的にいうと火事に当たるものが、火災保険の対象になります。

落雷
雷が建物に落ちて、建物や家財に何か損害が出た場合
破裂、爆発
ガスなど揮発性のものに引火爆発して、建物や家財に損害が出た場合
風災
台風で屋根が飛んだ場合
雹災
雹がふってきて建物が壊れた場合
水害
洪水などで浸水した場合
水漏れ
下水管などがつまり水浸しになった場合
総攬
デモ隊と警察官などの衝突で、建物が壊れた場合
落下
空から何かが落ちてきて建物が壊れた場合
盗難
空き巣が来て、窓ガラスを割られた場合
以上9項目が対象になります。

家財や建物に対して発生した直接的な損害だけでなく その損害の後片付けにかかるような、間接的な費用も対象になります。

但し次のようなものは、
その契約者の故意または重大な過失がある場合や法令違反がある場合 戦争内乱暴動などの場合 地震や噴火による津波 家財が屋外にある場合の盗難などは、火災保険の対象になりません。
契約するときには、説明をよく聞き、わからないところは質問するなどして、
よく契約書を確かめて、契約をしていきましょう。

↑ ページの上部へ