header

隣家に火を移してしまったときはどうなるの?

どんな注意をしていても、火災は起きるときには起こります。

自分の家から火を出して、隣家に燃え広がった場合などもあります。 このようなときは、火災保険はどう対応してくれるのでしょうか。
まず、自分の建物や家財をまもるためのものが、火災保険という考えなので、 隣家に火災が広がったからといって、失火者の火災保険では対応はしてくれません、

もし隣家の人が火災保険に入っていなければ何もないということになります。

日本は昔から木造住宅が多く類焼することも多く、自分自身も火災で侵害があるということで その補償を火を出した人が全て面倒みることは、困難であるということから失火者の責任を軽くしている法律に基づきます。

当然といえば当然なことです。 もし失火者が全て支払わないといけないなら、 5件10件と燃え広がった場合は、破産状態になります。

ただし、失火者が重大な過失をしている場合は別となっています。

重大な過失というのは、個々の案件によりかわるようですが、 普通の過失ではなく、もう少し注意していれば防げたのにという場合があたる場合が多いようです。

たとえば、たばこを消したつもりでビニール袋にいれ放置して火災がおこったとか コンロに油をかけたままその場を離れ、火災をおこしたとか あとは、軽度な過失であっても2回目となると重大な過失になる場合もあるようです。 失火者に対し、近隣住民は損害賠償を請求できないことになっているといっても 道義的な責任が失火者には、あります。 火災保険の商品には、隣近所に見舞金だす場合に備え、その費用を出す保険商品もあります。

火災保険はいろいろな商品があるので、比較検討してから入るのが一番です。

↑ ページの上部へ