header

火災保険に入るタイミング

火災保険は、基本建物に対しての保険なので、家や住宅を購入した場合に入ることが多いようです。

住宅を購入する際には、不動産やさんや銀行など、火災保険の代理店をしてくれるところも多く 火災保険をそこで申請してから入る人も多いようです。

そこで、入ると何もなくすぐに入れます。 いろいろなプランがあり、代理店の人との打ち合わせが必要になります。

契約


ローンを組んでいる場合には ローン決済日に、火災保険の申し込みが必要な場合があるので、 早めに火災保険の申し込みをした方がいいでしょう。

銀行により、申し込みだけでなく、火災保険の領収書などの加入状況がわかる書類が必要になる場合もあり 早めに加入した方がいい場合もあります。

火災保険に入ってないと、ローン審査ができない場合もあり いつまでに火災保険に加入すればいいか、銀行に確認が必要です。

基本的には、その住宅の2ヶ月前から1週間前までに入るのが望ましいとされているようですが、 引き渡し当日に引き渡し時刻になるように設定もできるようです。

火災保険の料金は、長期が割安になりますが 住宅は長期になると、傷んでいきます、火災保険はおおむね現在の住宅の価値で補償を組んでいきますので、 長期になるとそれだけ傷んでいきます、万が一の時には、保険が期待したほど下りなかったということもあります。

1年から5年くらいの間で見直していく位の感じで 入った方がいいと思います。

もちろん、長期でも見直しは可能ですが、 新規で入るときには、見直しも含めて考えていきましょう。

↑ ページの上部へ